予約が取れる脱毛サロン

脱毛サロンで脱毛できない時期

脱毛サロンで脱毛できない時期

脱毛ってお金を払えば、いつでもだれでもどの部位でも脱毛できると思っていませんか?
それって大きな間違いなんです。

 

利用する側が健康であっても、施術が身体に及ぼし得うる影響への配慮から、脱毛できない時期や部位があります。
申込をする前に、脱毛できないケースをチェックしておきましょう!

 

脱毛できない時期

一般的にレーザー脱毛も光脱毛も妊娠中や授乳中、生理中は脱毛をしない方が良い期間と言われています。

 

脱毛の施術に使う光やレーザーなどは、胎児人体にに悪影響を与える危険性はないと言われていますが、妊娠中や授乳中、生理中はホルモンのバランスが崩れるため、脱毛しても効果があまりないと言われています。

 

そして、妊娠中や授乳中、生理中は肌も敏感になっている状態です。

 

脱毛トラブルを避けるためにも、出産・授乳期・生理の時期が終わるまでは、脱毛を避けましょう。

脱毛できないケース

タトゥーの入っている部位

ファッションでタトゥーを入れてる人、要注意です。光脱毛はタトゥー部分の脱毛はできません。稀に、施術者の知識がなくてタトゥーが入っている部位に照射して、火傷を負ったり、タトゥーが消えてしまうという事故が起きているのも事実です。

 

光脱毛の場合は、照射した光がタトゥーにも反応し、強い痛みを伴う事もあります。

 

日焼けをした肌

光脱毛は脱毛中や脱毛前後にに焼けをした場合、施術を断られる事があります。光脱毛はメラニン色素をターゲットに光を照射して脱毛を行っているので、日焼けしてメラニン色素が多くなった肌の場合、本来の毛の構造にダメージを与えるという目的が軽減されてしまううえ、日焼けした肌に火傷のような症状を引き起こしたり、色素沈着をさせてしまう可能性があります。

 

しかし、最新の脱毛器では、日焼けした肌でも脱毛ができるクリニックやサロンがあります。

 

ピルを服用中の方

ピルの服用者は脱毛できるとされていますが、サロンによっては脱毛を拒否されることもあるようです。これは、ホルモンのバランスによる影響をはじめ、そのほかに起こり得る副作用を回避するという理由から、服用している薬によっては脱毛の契約ができないケースがあります。サロンに訪れる前に意思に確認しましょう。

 

普段からお肌のケアを怠らないのはもちろんですが、脱毛サロンのカウンセリングでは質問や相談も十分できます。自分が疑問に思うこと、不安や心配な事は、このカウンセリングでしっかり聞きましょう。 ここで対応を雑にされるくらいのサロンだったら、通う必要はないというくらい重要なことです。

実は日焼けをしていても脱毛が出来るサロンがある

多くの脱毛サロンが『日焼けをしていると脱毛できない』のですが、中には日焼けをしていても脱毛出来るサロンがあるんです!!